劇団ひとりの「左手食事ダイエット」

劇団ひとりの「左手食事ダイエット」

「左手食事ダイエット」は劇団ひとりさんがテレビ番組で紹介していた方法です。


この方法で、2か月で体重を7kg減らしたそうです。


劇団ひとりさんがダイエットを始めたきっかけは、禁煙したことで10kgも太ったことでした。


最初に始めたのが脂肪を徹底的に抜くダイエットです。


しかし、脂肪分の代わりに炭水化物をいっぱい食べるようになって、ダイエットどころか体重が増えてしまいました。


そこで考えたのが、少量の食事でいかにお腹をいっぱいにさせるかということでした。


劇団ひとりさんは、いわゆる「早食い」タイプで10分以内で食事を済ませていました。


そこで食事時間を長くするために利き手とは反対の「左手」で食事するようにしたのです。


「左手」で食事するようにしたら、利き手にくらべ食事時間が2倍になり、さらに少ない量の食事でもお腹が満たせるようになりました。


食事の内容はいつもと同じで甘いものや脂っこいものも口にできます。


でも、左手で食事するだけで食事量が減らせてダイエットできる。


利き手でない方の手での食事は、食べものをうまく口に運べないためフォークやスプーンを使いたくなります。


また、茶わんに口をあててかき込みたくなってしまいます。


ですが、それでは意味がないです。


あくまでもお箸で利き手と同じように食事します。


お箸で利き手と同じように食事するだけでダイエットができる方法はほかにないでしょう。

特別な道具も不要ですから、今日からさっそく実行できます。

姉妹サイトなど

スポンサードリンク