ミスユニバース2位の知花くららのダイエット法

ミスユニバース2位の知花くららのダイエット法

平成18(2006)年のミスユニバース世界大会で2位になった「知花くらら」さん。


抜群のプロポーションで獲得した栄光の裏には、ダイエット生活がありました。


そもそも、知花くららさんはスポーツインストラクターをしていましたから、トレーニングは簡単でした。


ですが、職業柄きついトレーニングをすることが多かったため、大きな筋肉が体についていました。


シャープなボディラインというよりは、筋肉がたくましいガッチリ体系だったそうです。


ガッチリ体系を改善するために取り入れたのが「有酸素運動」です。


とくに全身運動できる「水泳」を選び、1回1km以上を週3回以上しました。


また、トレーニング内容も変えました。


それまで使っていた重いウエイトを1kg以下に替え、必要以上に筋肉がつかないように気をつけました。


さらに、食事面でもダイエットに取り組みました。


知花くららさんは、1日1800kcalと定めました。


1日1800kcalはダイエット中のカロリーとしてはやや多めです。


ですが、彼女はダイエット目的の運動をたくさん取り入れていたため、体力の消耗を計算するとこの値が最善でした。


食事内容は、野菜中心を心がけました。


油っぽいものや炭水化物は出来るだけ控えるようにしたそうです。


どうしてもお腹が空いてしまった時は、「ところてん」や「こんにゃく」を食べるようにしました。

「ところてん」や「こんにゃく」はダイエットの王道ですよね。


こうした努力もあって、約4か月の期間で7〜8kgのダイエットが出来たそうです。


ミスユニバースという大きな目標が、彼女のダイエットのエネルギーとなったのかもしれません。

姉妹サイトなど

スポンサードリンク